最低限の補償であれば保険料も安いので、火災保険未加入は非常識と捉える人もいます。

MENU

未加入は世間体が悪い

 

火災保険は入っているのが当たり前として世間に認知されています。

 

住宅ローンや賃貸の場合は必須になりますし、最低限の補償であれば保険料も安く、火災保険に入らない行為は非常識と捉える方もいます。

 

本音は火災保険なんていらないって思っていながらも、世帯主として家や集合住宅に住む最低限のマナーとして火災保険に加入している方もたくさんいるでしょう。

 

 

火災保険未加入は公言しないべき

 

火災保険に入っていないと伝えるとあなた自身の評判が悪くなります。

 

常識を持っていないと思われたり、お金に困っている。資金管理ができていない。などと悪い印象を持たれるでしょう。

 

火災保険に入っていないことを知られた場合、仲の良い友人であっても、何かあった時にお金を貸したり建て替えたりしたくないと、お金が絡むことになると距離を置かれる可能性が高いです。

 

 

 

過剰に心配される

 

火災保険に入らない理由が、保険というサービス特性を嫌っていてお金を持っていない場合でなくても、周囲は払えないから火災保険に入っていないと捉えるでしょう。

 

親や兄弟などの親族からは、過度に心配されてお金を貸そうか?などと心配されます。

 

友人や同僚の場合は、金欠を懸念して食事や飲み会、その他お金がかかる遊びに誘われにくくなるデメリットもあります。

 

 

 

火災保険の話題になったときの回避法

 

誰かが引っ越したり家を買うという話になると、火災保険の話題はよく出るものです。

 

世帯主の立場であれば火災保険は誰もが加入しているもので、みんな周りがどこの保険会社で入っているか?とか補償内容、保険料は気になるものです。

 

火災保険の話題になったときに、正直に加入していないと伝えるのはリスクがありますし、加入していると嘘をつくのもよくありません。

 

当たり障りのない返答方法としては、家族がいる場合は自分は関与していないアピールをするとよいでしょう。

 

「嫁に全部任せている」、「親が勝手にやっていた」などとうちの火災保険がどうなっているのか分からないという設定にします。

 

火災保険は保険料も安く、加入会社や詳細を把握していない方もたくさんいるので、このように濁すのが一番無難です。

 

持ち家で1人暮らしの場合は、「だいぶ前にやったような記憶があるけど、よく覚えていない」など、こちらも濁すことが効果的です。

 

火事にさえならなければ、火災保険の話題は何とでも嘘をつくことができますが、そこまで気を遣うものであれば最低限の内容でも入っておこうかなと考える人が多いのも火災保険の特徴です。